ミニマリスト

【簡単】迷惑なポスティングチラシ対策【ステッカー貼るだけ】

この記事で分かること
  • うざいチラシを撃退する方法
  • ポストにチラシが入る仕組み
  • 簡単にチラシを撃退できた理由

こんにちは、風馬(ふうま)です。

僕はかつて、毎日ポストに入るうざいチラシに困っていました。
でも今はほとんどチラシが入らなくなり、ストレスフリーに過ごせています。

正直、めちゃくちゃ簡単に撃退できたのでその方法を紹介します。

【結論】ポストにステッカー貼っただけ!

ふうま
ふうま
マジでうざいチラシが9割は減りました。
チラシの多さに困っている人は、絶対に貼る価値ありますよ!

最強アイテム『チラシお断りステッカー』

  • ステッカー1枚だけで、チラシを撃退できる理由
  • 僕が買ったステッカー
  • ステッカーのメリット・デメリット

「チラシお断りステッカー」を1枚貼るだけで、簡単にチラシを撃退できます。

ステッカー1枚だけで、チラシを撃退できる理由

結論

ポスティング(ビラ配り)が仕事だから

チラシをポストに突っ込んでいくことで、給料をもらっている人がいます。
つまり、ポスティングは仕事なんですね。

(かなりアナログで効率悪そうですが)チラシを使った広告業なわけです。

つまり、僕たちのポストにチラシがぶち込まれるまでには

広告主(チラシを配りたい不動産屋・ピザ屋・Wi-Fi屋・水道屋など)
→下請け会社(チラシ配り業者)
→ビラ配りマン(バイトなど)

こんな流れがあるんですね。

で、「チラシお断りステッカー」までわざわざ購入して、チラシに徹底抗戦を挑んでいる(僕みたいな)人の家にチラシを投函するとどうなるか。

そもそも、チラシを嫌っている人相手では、売上につながる可能性は限りなく低い。
それなのに、広告主にクレームが届く可能性が高いですよね。
(僕らは、下請け会社・ビラ配りマンの連絡先なんて知りませんし)

そうなると、[広告主→下請け会社→ビラ配りマン]の順でお叱りを受けることになります。
クレームが多いと最悪、広告主が下請け会社と契約を打ち切るかも知れません。

 

なので、下請け会社はビラ配りマンに

下請け会社
下請け会社
“チラシお断りなハイリスクな家” には、チラシを入れないように!

と、教育しているはずです。

これを破ったとなると、ビラ配りマンは減給などの処罰を受けることもあるでしょう。

つまり、わざわざリスクを冒してまでチラシを入れるメリットがないので、チラシを入れなくなるんです。

ここまでのまとめ
  • ポスティング(ビラ配り)は広告業
  • “チラシお断りの家” に投函するのはデメリットが大きい
  • だから、チラシが入らなくなる

僕が買ったステッカー

僕はAmazonで購入しました。

似たようなステッカーはたくさんあったので

  • 自宅ポストのサイズ
  • 文字やデザインの好み
  • 送料込みの価格

を考えて、好みのものを選べばOK

ふうま
ふうま
実際の効果はどれも変わらないと思います。

ステッカーのメリット・デメリット

メリットは

  • チラシが入らなくなる
  • それに伴い、時間・判断の回数を節約できる

ストレスフリーな生活をGET

デメリットは

  • ステッカー代(数百円)がかかる
  • ポストの見た目がダサくなり、テンションが下がる

こんな感じですね。

でも、ポストがダサくなるのさえ我慢できればステッカー代はコスパの良い投資です。

Ad

[メリット]時間・判断の回数を節約できる

  • チラシの仕分けは生産性ゼロ
  • あなたの10分には500円の価値がある
  • ステッカー代(数百円)は、すぐに元が取れる

チラシの仕分けは生産性ゼロ

  • ポストから、郵便物・大量のチラシを回収して
  • すべてに目を通して
  • 必要・不要を判断して仕分けする

これらの一連の作業は、労力に対してあまりに収穫が少ない。
つまり、生産性≒ゼロです。

無価値な広告チラシって、少なくとも週に10枚くらいは入りますよね。
当然ポストには郵便物も混じっているので、チラシもすべて目を通さなければなりません。

でも、普通に生活する分には郵便物と比べてチラシの数が多すぎます。
また、役に立つチラシなんてほぼないですよね。

つまり、ポストに入る99%が紙ゴミ

ふうま
ふうま
この一連の流れ、無駄過ぎません?

 

もちろん無差別に投函されるチラシは「新規開店したお店」の情報とかを知るきっかけにはなります。

※僕自身、何回かクーポンを利用したことがあります。

  • クレープ屋:50円引き
  • ラーメン屋:煮卵無料
  • ドミノ・ピザ:デリバリー30%OFF
フードデリバリーは『ドミノ・ピザ』が最強【30%OFFクーポン】こんにちは、風馬(ふうま)です。 ドミノ・ピザを利用して3年になります。 ジャンクフードが食べたい。 でも、家から...

でも、それらのリターンに対してあまりにも手間が大きいと感じるようになりました。

理由はこんな感じ。

  • 初見のチラシを見かけなくなる
  • ネットのクーポンの方がお得
  • 広告主にメリットがあるからチラシを配っている

半年も生活していれば、初見のチラシはほぼ無くなってきます。

また、無座別にばらまくチラシには相応のコスト(広告宣伝費)がかかっています。
そんなイケてない業者より、チラシに広告費を割いていないイケてる業者をネットで探した方が、優良なところを見つけられます。

今の感覚からすると、ネットで他社比較して決めるのは当たり前ですよね。
なので、わざわざネットとチラシを見比べる必要もありません。

ふうま
ふうま
時代遅れな業者と取引する価値はありません。

あなたの10分には500円の価値がある

チラシにどれくらいの手間を奪われているか、ちょっと計算してみましょう。

チラシの仕分けという無駄作業に、1か月に10分ほど時間を取られるとします。

  • ポストチェックが週1回
  • チラシ仕分けに1回2~3分かかる

⇒1か月トータルで10分ほど

たかが1か月に10分でしょ?

と考えるのは、ナンセンスです。

過去の記事で詳しく紹介していますが、普通のサラリーマンでも、専業主婦でも、“10分” には少なくとも “500円” くらいの価値があります。

【時間の有効活用】10分無駄に過ごすのは、500円ドブに捨てるのと同じこんにちは、風馬(ふうま)です。 フルタイムで病院薬剤師をしながら、副業ブログ、薬学・簿記3級の勉強を毎日続けています。 この記...

なので、チラシのせいで月500円(年間6,000円!)を浪費していることになるんですね。

ふうま
ふうま
人生の無駄使いです…

 

また、人間が1日に判断できる回数は決まっているそうです。

https://fuumalog.com/judgments-cut/

チラシが必要か不要かは、1枚ごとに判断しなければなりません。
なので判断回数も無駄に増えて、決断疲れするという害もあるんですね。

ステッカー代(数百円)は、すぐに元が取れる

ここまでで、チラシの仕分けに月500円くらいの手間を奪われていると解説してきました。
一方で、チラシお断りステッカーの値段は、だいたい300~500円ほどです。

ふうま
ふうま
1か月で元がとれますね!

 

このような “自分の時間を増やしてくれるモノ” は、早く導入しないと損し続けます。
ドラム式洗濯機などが良い例ですね。

【一人暮らし】ドラム式洗濯機最高│後悔ゼロ!【新社会人】こんにちは、風馬(ふうま)です。 新社会人として一人暮らしするときに、ファミリー向けのドラム式洗濯機を買いました。 25万円と高...

Ad

まとめ:チラシお断りステッカーは、コスパ最強

【結論】

『チラシお断りステッカー』を貼って、チラシを撃退しよう!

チラシお断りステッカーを貼っている家は、ビラ配りマンにとって要注意顧客です。
わざわざリスクを負ってまでチラシを入れてくることはほぼありません。

ステッカーは300円ほどで買えますし、これで自分の時間・判断の回数が節約できることを考えればめちゃくちゃコスパ良いです。

ふうま
ふうま
1日でも早く導入して、快適な生活にしましょう!

僕が実際に貼ってるステッカーはこれ↓

 

※快適な生活のために、「インターホンの電源を切る」という選択肢もあります↓

インターホンの電源「オフ」で快適な休日をゲット【訪問販売・NHK 撃退】こんにちは、風馬(ふうま)です。 1人暮らし2年目にして、自宅インターホンを電源オフにしました。 この記事では、そんな僕が ...
\Twitterフォローお願いします/

ふうまログでは『やりたいことだけやって、自由に生きる。』ための方法を発信中。
これからもタメになる情報を届けていきます。

この記事が「役に立った」と感じてもらえたなら、ぜひともTwitterフォローお願いします!
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA