時短

サロニア(SALONIA)ドライヤーをレビュー│時短家電としてもコスパ最強でおすすめ!

サロニア(SALONIA)のドライヤーは

「圧倒的風量」でコスパ最強

この記事で紹介するのは、サロニアの『スピーディーイオンドライヤー

  • 圧倒的風量で、時短になる
  • 見た目がシンプルで美しい
  • なのに、めっちゃ安い

と、コスパ最強のドライヤーです。

ふうま
ふうま
僕も、2019年9月から使ってます。
(※執筆時2022年1月)

サロニア(SALONIA) とは?

  • 日本」の美容家電ブランド
  • コンセプトは “BEAUTY is simple”

ヘアアイロン等で有名。
(僕はドライヤー買うまで知らなかった…笑)

風量の強いドライヤーは「時短家電」としても優秀
もし、弱くて時間のかかるドライヤーを使ってるなら、買い替えをおすすめします!

サロニアドライヤーのメリット3つ

  1. 大風量で時短◎
  2. ミニマルなシンプルデザイン
  3. しかも安い(5,000円ほど)

[メリット1]大風量で時短◎

ドライヤーは “髪を乾かす” ための家電ですよね。

めちゃくちゃ高性能(髪がサラサラになる)でも、毎日使うものなので風量が弱い(乾かす時間がかかる)とイライラしてしまいます。

サロニアのドライヤーは最強格のダイソンとほぼ同じ風量があるので、”髪が乾かないじれったさ” とは無縁です!

ふうま
ふうま
男の髪なら1分で乾きます。

【風量のスペック】
サロニア:2.3㎥/分
ダイソン:2.4㎥/分

※一般的なドライヤー:1.5㎥/分ほど
 例 ナノケア(Panasonic):1.3㎥/分

[メリット2]ミニマルなシンプルデザイン

変に飾り立てず、単色で洗練されたオシャレさ。

表面もマットな仕上がりで滑らないし、手触りも良いです。

ふうま
ふうま
家電にありがちな安っぽい光沢がないのが最高。

カラーバリエーションは

  • BLACK
  • WHITE
  • NAVY
  • GRAY(WEB限定)

の4色ありますが、僕はWHITEにしました。

店頭ではBLACKに心惹かれたけど、自宅の洗面台が白基調だったのでそれに合わせた感じです。

結果的に、周囲とマッチして大正解でした!

[メリット3]しかも安い(5,000円ほど)

大風量・オシャレなのに、値段は約5,000円と安いです。

ドライヤーの相場は1,000円~50,000円と幅があります。

  • 1,000円前後:格安(ゴミ性能)
  • 2,500~5,000円:低価格 ←サロニアはココ
  • 15,000~30,000円:高級
  • 50,000円:ダイソン

こんなイメージ。

ふうま
ふうま
ダイソン1本のお金で、サロニアは10本買えますw
「高いモノを長く使う」←ただの贅沢│「安いモノを長く使う」←コスパ◎「高いモノ」を長く使って悦に浸ってる奴はバカ。「高いモノ」は値段・耐久性が比例しないから長く使えず、ただの贅沢品になるのがオチ。「安いモノ」は気楽に使えて丈夫なので、コスパ◎。買おうとしてる「高いモノ」、本当に欲しいモノですか?...

Ad

時短でコスパ◎なポイント2つ

風量が強い(時短できる)ことのコスパを、より深掘りします。

  1. 自由時間が年30時間アップ
  2. お金に換算すると年9万円の価値あり

[ポイント1]自由時間が「年30時間」アップ

ドライヤーを毎回5分短くできたら、月に150分(2.5時間)の時間が浮きます。
つまり、年間だと30時間もの自由時間が増えるってこと。

ふうま
ふうま
毎月、本1冊読めるくらい余裕ができるイメージですね。

[ポイント2]お金に換算すると「年9万円」の価値あり

これが、この記事で一番伝えたいポイントです。

「30時間の価値」は、お金に換算すると「9万円」にもなる。

このように、お金と同じくらい時間も超大切な資産

ほんの小さな積み重ね(低スペックなドライヤーで時間を浪費しないとか)が、日々のゆとりを生みます。

さらに、その時間で読書や副業をすると、未来を明るくもできますね。

ふうま
ふうま
「たった5分w」と侮るなかれ。

Ad

【Q&A】よくある疑問に回答

最後に、よくある(と、思われる)疑問に回答します。

  1. 「すぐ壊れた」ってレビューが気になる
  2. 「冷風が弱い」って、実際どう?
  3. 風量が大きいってことは、音もうるさいのでは?

Q1:「すぐ壊れた」ってレビューが気になる

A:2年以上使ってるけど、全然壊れません。

Amazonレビューを見ていると

  • 1年でコードの付け根が断裂。使っていた時火花が出ました。
  • 買って2ヵ月で火がでました。
  • 1ヶ月と5日で壊れました。

など「すぐ壊れた!」って意見が上位表示されてました。

ただ、僕は2年以上使ってますが、壊れる気配はありません。(2022年1月現在)

もし本当にすぐ壊れるなら

  • Amazonベストセラー1位
  • 1万件以上のレビューで平均☆4.4

という高評価にはならないと思います。

ふうま
ふうま
コード断裂とかは、単に使い方が荒っぽいだけな気がしますw

Q2:「冷風が弱い」って、実際どう?

A:冷風は弱くてちょうど良いので、問題ないです。

「風量が強いのは温風だけ。冷風は弱くて使いにくい!」というレビューがありました。
確かに冷風は、普通のドライヤーと大差ないです。

ただ、冷風って

  • 温風で90%ほど乾かした後、最後の仕上げで使う
  • 目的は、キューティクルを引き締めてまとまり感を出すこと

こういう使い方ですよね。

強い冷風だと髪が散って、まとまり感が出にくくなります。
だから、冷風は強くなくてOKかなと。

ふうま
ふうま
僕は「冷風の弱さ」が気になったことはないですね。

Q3:風量が大きいってことは、音もうるさいのでは?

A:特別うるさくも、静かでもありません。

デシベル(dB)を測った結果、普通のドライヤーと同じ程度でした。

僕の主観では「特別うるさくないけど、決して静かでもない」という感じ。

とはいえ、これだと音の感じがよく分からないと思うので、スマホアプリでデシベルを測ってみました。

[動作前]

[冷風(COOL)運転時]

[温風(TURBO)運転時]

  • 静音ドライヤー:約50dB
  • 一般ドライヤー:約70dB

とされているので、サロニアは「一般ドライヤー」ということになります。

  • 40dB:図書館内
  • 50dB:静かな事務所の中 ←【静音ドライヤー】
  • 70dB:騒々しい事務所の中 ←【一般ドライヤー】

※「騒音の大きさの目安│埼玉県深谷市」より

  • 赤ちゃんがいる
  • 家族と生活リズムが合わない

こんな人は、静音ドライヤーを選ぶのが無難かも。

まとめ:大風量のサロニアドライヤーは時短家電として◎

「時短家電」としてもコスパ最強のドライヤーとして

  1. 大風量
  2. オシャレ
  3. 安い

と、3拍子揃ったサロニアの『スピーディーイオンドライヤー』を紹介しました。

髪を乾かす時間を、毎日5分短くできたら

  • 自由時間が年30時間アップして
  • お金に換算すると年9万円の価値がある

というのもポイントでしたね。

もし今、なんとなく手持ちのドライヤーを使い続けてるなら、思い切ってサロニアのドライヤーにしてみませんか?

5,000円ほどの手頃な値段だし、時短効果を考えると爆速で買い替えるのが一番オトクですよ!

\Twitterフォローお願いします/

ふうまログでは『やりたいことだけやって、自由に生きる。』ための方法を発信中。
これからもタメになる情報を届けていきます。

この記事が「役に立った」と感じてもらえたなら、ぜひともTwitterフォローお願いします!
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA