人生論

「今日も何もできなかった…」をすぐ解決する考え方を紹介

こんにちは、風馬です。

なにかを「やろう」と思っていて結局やらずに、1日の終わりに後悔する…
こんなこと、よくありますよね。(僕はめちゃくちゃあります。)

後悔するたび自己嫌悪になって、また行動できないループに落ちていく。

でも、「後悔も自己嫌悪もしなくていいですよ」という考え方を紹介します。

 

きっと、心が軽くなって行動を開始できると思うので

ぜひ最後まで読んでいってください!

はじめに結論

「何もしない」のも自分の決断。

自分の決断は今すぐ変えられる。

だから、クヨクヨしなくてOK!

「何もしない」という決断をしたのは自分

今日も何もできなかった…

こんな風に、夜中になって後悔することありますよね。

でも自己嫌悪に浸る前に、「行動しない」という選択をしたのは自分だと認識しましょう。

 

行動できなかったからといって、全然落ち込む必要はないんですね。

なぜなら、決断をしたのは自分なので、自分は今すぐ変えることができるからです。

 

今、この瞬間から「やる」という選択肢を選ぶだけ。

 

正直この考え方だけで、「今日も何もできなかった」という悩みはほぼ解決とも言えますね。

Ad

どうせ1つ決断するなら、「やる」方を選ぼう

ある研究によれば、人が1日に決断できる回数には限りがあるそうです。

なので、オバマ元大統領やスティーブ・ジョブズは毎日着る服をパターン化して決断する数を減らしています。
(僕も、私服は厳選した同じアイテムを数着持つようにしています。めちゃくちゃ楽です。)

 

このように決断の数を減らすのも有意義ですが

「決断できる数が限られている」のを別の角度から見ると

限りある中でどうせ決断するなら、なにか「やる」方を選ぼうぜ!

と考えることもできますね。

 

「やらない」のも「やる」のも、1回の決断という点では同じなので

「やらない」ことをわざわざ選ぶのはもったいないですし、なんかバカらしくなってきませんか。

 

せっかくなら、「やる」方を選んだほうがトータルお得です。

Ad

「やる」ことを選べないのは、優先順位が分かっていないから

「やる」方がどう考えても良い選択肢なのは明らかですが

頭では分かっていても実際に行動できないから悩むんですよね。

 

そういう人は、やることの優先順位がつけれていないことが多いです。

 

やりたいこと・やるべきことがありすぎて悩み、疲れ、最終的に何もせずに1日が終わるパターン。

この場合、悪い意味で『考えすぎ』なのが主な原因ですね。

 

なので、解決策としては

ふうま
ふうま
直感を信じろ!!!

がベスト。

 

行動が0なのは無価値ですが、1でもできれば十分な価値があります。

いきなり100点満点を想像して疲弊するのはいいかげん辞めてしまいましょう。

  • やろうと思っていたこと
  • やりたいと感じたこと

これらをすぐに始めると、「今日何もできなかった自分」はもういません。

まとめ:今までの決断の積み重ねが、現状の自分

ここまでのまとめです。

  • 「何もしない」のを選んだのは自分
  • 自分の選択は、今この瞬間から変えられる
  •  

  • 1日に決断する数には限りがある
  • どうせ1つ決断するなら、「やる」方を選ぶのがお得
  •  

  • 優先順位をつけれないと「やらない」方に逃げがち
  • 原因は『考えすぎ』
  • 直感を信じて、何か1つだけ取りかかれればそれでいい

結局、「何もしない」ことを選んでいるのは自分なので

自分の選択を変えることでしか根本的な解決にはなりません。

 

でも逆に、自分が「やる」ことを選ぶだけで全て解決です。

そう考えるだけで気持ちが楽になりませんか。

 

僕自身、この考えに至ったときは

ふうま
ふうま
ああ、原因全部自分やん…

って、ズーッと悩みがなくなったのを覚えています。

 

自分の直感を信じて、やろうと思ったことから取り組んでみてください。

人生は、今までの決断の積み重ねから形作られているのですから。

\Twitterフォローお願いします/

ふうまログでは『やりたいことだけやって、自由に生きる。』ための方法を発信中。
これからもタメになる情報を届けていきます。

この記事が「役に立った」と感じてもらえたなら、ぜひともTwitterフォローお願いします!
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA