ミニマリスト

インターホンの電源「オフ」で快適な休日をゲット【訪問販売・NHK 撃退】

こんにちは、風馬(ふうま)です。
1人暮らし2年目にして、自宅インターホンを電源オフにしました。

この記事では、そんな僕が

インターホンが怖い人
インターホンが怖い人
宅配以外のインターホンが鳴って、知らない人がいると怖い…
普段は居留守を使ってるけど、インターホンの電源はオフにしても大丈夫なの?

こんな疑問に答えます。

はじめに結論

インターホンの電源オフで、雑音のない生活をゲット!

【宅配】
・小さい荷物:コンビニ受け取り,宅配ボックス
・大きい荷物:時間帯指定で、その時間だけインターホンの電源オン

【知人】
・インターホンが鳴らないことを伝えておく
・スマホ(LINE)で連絡をもらえばOK

※空き巣対策※
空き巣は、侵入前にインターホンで留守か確認することがある。
→そもそも鳴らなければ、問題なし。
(屋内の音量を0にしても、外のスピーカーは音が鳴ります。ちゃんと電源をオフにするのが重要。)

ふうま
ふうま
インターホンの電源は「必要時以外オフ」で、幸せになれます。

インターホンで知らない人…怖すぎ

休日の昼下がり、突如として鳴り響くインターホン。
そして、モニター越しに見る知らない人…

めっっっちゃ怖くないですか?

強気に対応しようにも自宅バレしてるので、下手に刺激したくありません。
(車とかに嫌がらせされるリスクもありますし…)

 

僕はわりと小心者なので、意味不明なインターホンが鳴ってから1時間くらい心拍数上がりっぱなしになります。
その間は何も集中できず、怯える羽目に…

そして気付いたら、ひたすら検索してました。
検索履歴をみると

  • インターホン 無視
  • 昼間 インターホン
  • インターホン 何も入ってない
  • インターホン 対応お願いします
  • インターホン 空き巣
  • インターホン 休日
  • 一人暮らし ピンポン 出ない
  • インターホン 怖い
  • 宅配 コンビニ受け取り
  • インターホン オフ
  • インターホン オフ デメリット
  • 一人暮らし インターホン 切る

…いや、どんだけ検索すんねんと 笑
自分で見ても、軽く引きましたね。

1人暮らしの家に来る人リスト

ざっと思いつく限りで、突然家に来る可能性のある人を挙げてみました。

  • 宅配・郵便
  • NHKの集金
  • 宗教の勧誘
  • 訪問販売
  • 国勢調査
  • 近所の人(町内会,引っ越してきた隣の人)
  • 知り合い
  • 犯罪者(空き巣など)

正直、宅配以外は全くお呼びじゃないですね。

知らない人がピンポンしてきたら → 無視(居留守)でOK

インターホンのモニターに知らない人(特に私服の人)が映っていたら、無視(居留守)でOKです。
なんなら息を潜めるより、普通に生活音を出していた方が良いです。(後で解説します。)

もし、相手にとって大切な用事があるなら、ノックなりして
「相手の名前(会社名)」+「具体的な要件」を自分から言うはずです。

それか、宅配の不在票みたいに何かしらの手紙を入れてくるでしょう。

 

もしも、

  • 相手が名乗らない
  • 具体的な要件を言わない
  • 何もポストに入れてない

 
という場合、あなたにとって招かれざる客だったと言えます。
そいつらに応対するのは時間の無駄なので、無視で正解です。

ビビりな人が下手に返事をすれば、相手の口車に乗せられてドアを開けてしまうのがオチです。

Ad

インターホンの電源オフで困ることは?

インターホンの電源を切ってしまっても、特にデメリットはありません。

基本的に宅配以外は不要な相手なので、インターホンを鳴らしてもらうメリットはありません。

宅配のとき、「時間指定」と「インターホン電源オン」が必要

宅配のたびにインターホンをオンにするのも面倒なので、小さい荷物の時は

  • コンビニ受け取り
  • 宅配ボックス

この辺りをフル活用するのがおすすめです。

 

とはいえ、大きな荷物はどうしても直接やり取りするしか方法がありません。
その時は、

  • 必ず時間指定する
  • その時間帯だけインターホンの電源をオン

という風に、対応すればOKですね。

知り合いは、スマホに連絡してもらうよう伝えておく

知り合いには、前もって

  • インターホンが鳴らないこと
  • スマホに連絡してもらうこと

を伝えておけばOK

 

連絡手段が発達した現代に、わざわざインターホンでコンタクトを取る必要はありません。

犯罪者(空き巣)は、インターホンで在宅確認できなくなる

空き巣はインターホンを使って、在宅か不在かを調べることがあるそうです。
下手に居留守を使ったせいで敷地内をウロウロされたり、窓を割って侵入してきたりされた人もいるとか。

なので、在宅中なのに不在のように対応するのは悪手。
正体不明の人が訪ねてきたからといって、息を潜めるのは危険かもしれません。
(生活音を出しながら、居留守しましょう。)

 

でも逆に、インターホンの呼び出し音さえ鳴らなければ、空き巣は在宅確認の手段が減ります。
なので、インターホンの電源オフは空き巣対策にもなる(はず)。

ちなみに、僕の家ではインターホンの音量をゼロにしても屋外のボタンのところのスピーカーからは音が鳴りました。

部屋の中は無音でも、インターホンを押した人は音が鳴っていると思う
→自然と、居留守を使うことになる
→空き巣の場合、不在と判断して乗り込んでくるかも[危険!]

こんなことになると危ないので、インターホンは音量をゼロにするのではなく、根元の電源からオフにしましょう。

Ad

まとめ:インターホンの電源オフで、もっと快適になる。

インターホンの電源を切ることで、招かれざる客の相手をする必要がなくなる。
→より快適な1人暮らしになります。

また、ポイントとして

【宅配】
・小さい荷物:コンビニ受け取り,宅配ボックス
・大きい荷物:時間帯指定で、その時間だけインターホンの電源オン

【知人】
・インターホンが鳴らないことを伝えておく
・スマホ(LINE)で連絡をもらえばOK

※空き巣対策※
空き巣は、侵入前にインターホンで留守か確認することがある。
→そもそも鳴らなければ、問題なし。
(屋内の音量を0にしても、外のスピーカーは音が鳴ります。ちゃんと電源をオフにするのが重要。)

これらが挙げられました。

 

インターホンの電源をオフにすることで、どうでもいい来客の対応から解放されます。
今すぐ、もしくは帰宅してから、サクッと電源を切ってしまってはどうでしょうか。

おまけ:大学の時、NHKに契約してしまった話

大学生で1人暮らしをする前、親から「NHKだけは無視しろ」とめちゃくちゃ言われていたのに、僕はまんまとNHKの契約をしてしまったことがあります。

日曜日に昼寝していて
→急にインターホンが鳴る
→あわてて応答する(モニター越し)
→なんか、出てきてといわれる
→警戒心なしでドアを開ける
→あとは相手のペースで契約まで結んでしまう…

こんな風に、あっという間でしたね。

 

僕の場合、

  • 親の契約(親は持ち家なので、NHKと契約したらしい)と紐づけされて学割か何かでかなり安くなった。
  • そもそも1人暮らしが半年だけ(卒業までの間)だった。
  • 引っ越すとき、親元に帰る形だったので、僕の契約は解除できた。

 
という感じだったので、失うお金はかなり少額で済みました。
そうじゃないと、見もしないNHK料金にダラダラと年間数千円を吸われつづけていたはずです。

 

もしこのときインターホンの電源を切っていたら

  • NHKに払うお金も、
  • NHKの料金や解約方法を調べる時間も、
  • それに伴うストレスも、

 
かからなかったはずです。

こんなリスクを抱えてまで、インターホンの電源をオンにしておく意味はないと、今は思います。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

\Twitterフォローお願いします/

ふうまログでは『やりたいことだけやって、自由に生きる。』ための方法を発信中。
これからもタメになる情報を届けていきます。

この記事が「役に立った」と感じてもらえたなら、ぜひともTwitterフォローお願いします!
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA