プロフィール:風馬(ふうま)ってどんな人?

はじめまして、風馬(ふうま)と申します。

当ブログ(ふうまログ)では、“人生を少しでも良くする方法” について発信中です。
「過去の僕と同じ悩みを持つ人」に向けて、役立つ記事を書いているので、あなたにとって興味がある記事を参考にして最短ルートで突き進んでもらえると幸いです。

このページは、少し長めの自己紹介記事です。
短いバージョンもありますので時間のない方はこちらを読んでみて下さい。

基本情報

名 前:風馬(ふうま)
年 齢:20代後半
職 業:病院薬剤師
    元MR(製薬企業営業)
転職歴:1回

年 収:450万円(前職は新卒で600万円)

好きなこと

・自宅で、静かにだらだらすること
・Googleで検索しまくること
・実用書を読み漁ること
・ご飯を食べながらアニメを見ること
・テクニックを気にせずブログ記事を書くこと
・のんびりしたジムのプールで、ガチのバタフライを泳ぐこと
・彼女(半同棲中)としょうもないことをすること

詳しめの経歴

~小学校

・小学5年まで、勉強もできない陰キャゲーマーとして過ごす
・『荒れている地元の中学が嫌』というネガティブな理由で中学受験する
 ⇒小学6年は、勉強はできる陰キャにレベルアップする

中学校

・地方国立の附属中学に入学、勉強はそこそこな陰キャ(しかも帰宅部)として過ごす

高校

・(一応)市内トップの高校へ入学
 ※偏差値は、隣の市の3番手高校と同レベル。なんちゃってトップ高校。
・高校では、イケてる陰キャとして過ごす(水泳部/モテ期がくる)
・イケた分だけ成績は低迷していたが、高2冬の3ヶ月でE判定→B判定にもっていく
・2つの大学を受験し、ともにトップ合格する(単に、ヤマが当たっただけ。)

大学

・地方国立の薬学部に自宅から通う
20歳の時に、春休み全てを使って投資について猛勉強する
 →NISAをはじめる→数万円を稼ぐ(当時のバイト収入1ヶ月分くらい)
・当時、はやりだったオンラインサロンに加入
フリーランス(ブロガー、プログラマーなど)という働き方を知り、衝撃を受ける
・薬剤師は負け組だと思い(込んで)、給与の高い職種を志す
・念のため、薬剤師免許を取得(3ヶ月の追い込みで、上位2%≒偏差値70ほどで合格)

社会人

大手製薬会社(一部上場)にMR(営業職)として入社
・対人関係の苦痛と、仕事のやりがいのなさにストレスを抱える
入社8ヵ月(配属3ヶ月目)で病院薬剤師へ転職
転職をきっかけに自分の望む生き方を見つめ直し、ブログを書き始める(ブログは開設済みで放置していた)

◎30歳までにセミリタイアできる(正社員を辞めても ”収入>支出” となる)状態を作ることが当面の目標

ブログを始めたきっかけ

僕は情報弱者だった

僕は目上との対人関係が苦手で、親・先輩などから何かを教わる関係がうまく構築できず、知っていれば避けれた失敗を多く経験。そんな僕が今では頼りにしているネット検索(Google先生)を使うようになったのは、スマホを持った18歳からでした。

ネット検索を駆使するようになって、”自分が分からないこと” を既に体験した人の記事がとても役立つことを実感。その一方で、アフィリエイトなどのカスどもが運営する記事が邪魔だったり、欲しかった情報が十分に掲載されていない経験もしました。

そんな僕の経験でも、ありがたがる人がいた

その一方で、情報弱者だった僕でも一応勉強に関しては人一倍悩みつつ、なんとか成功(のようなもの?)をもぎ取っており、バイトの家庭教師・個別塾講師では人生アドバイザーのように生徒の役に立つことができていました。

僕にとっては解決済の簡単なことで、毎年多くの人が新しく悩み、どうすればいいか分からずにもがいている現状を5年間の講師経験で確信しました。

これらから、

事前情報があればうまく生きることができる こと
・特に、先駆者の1次情報(生の声)が役に立つ こと
・僕がかつて悩んだことに、多くの人も同じように悩んでいる こと

を、ビシビシと感じてきました。

 
『僕の経験・知識を、過去の僕と同じ悩みを持つ人に伝えたい。』
 

そんな想いから、このブログは生まれました。

ブログで目指すこと

2つの目的 ⇒ “承認欲求”と”副収入”

このブログを通して目指すことは、『自分が生きやすい人生にすること』です。

特に、崇高な理念や高尚な目標を掲げているわけではありません。あくまで、”自分のため” です。とはいえ、具体的な行動は ”記事を読んだ人の役に立つこと” なので、僕のブログに関わった全員が幸せになる方向を目指しています。

どういうことかを、詳しく説明すると次の2つの目的に集約されます。

  1. 人から感謝されたい、すごいと思われたい
  2.  ⇒【仮説】感謝や称賛は、価値を提供してくれた人に向けられる
     ⇒【行動】読者の役に立つ記事を書く
     ⇒【結果】僕は、承認欲求が満たされてハッピー

  3. セミリタイアに向け、ささやかな副収入を得たい
  4.  ⇒【仮説】収入は、誰かの役に立った結果である
     ⇒【行動】読者の役に立つ記事を書く
     ⇒【結果】僕は、副収入が入ってハッピー

2つの目的の背景

「承認欲求を満たしたい」
「副収入が欲しい」

これらを追い求めるきっかけになったのは、社会人1年目での転職経験からです。

僕は新卒入社した一部上場企業8ヵ月で辞め、病院薬剤師への転職を決意しました。なぜ、一般的に”良い会社”と言われるような会社を辞めたかというと、向いていなかった営業職・やりがいのない業務内容に心を病んだからです。転職前は仕事の目標が全く関心が持てない「自社の売り上げを上げる」ことでしたが、転職後には「どうすれば患者さんの役に立つか」という本来自分がやりたかったことになり、朝仕事に向かうのが楽になりました。

その一方、給与が2/3にダウンしたことは大きなマイナスポイント。普通に考えると、大幅な収入ダウンは生活に与える影響も大きいと思っていたのですが、不思議なことに僕にとっては何の不都合も起きませんでした。

そんな中で、たとえ金銭的に裕福でなくても「何者にも縛られず、自分の知識を誰かの役に立つように使い、感謝される生き方」が自分には向いている。

そう確信しました。

かつては、「一部上場企業の会社員として朝から晩まで週5日働き、出世して高い給料をもらうこと」が幸せだと思っていました。でも、自分の望む生き方がはっきり見えてしまった。

つまり、フルタイムで働く会社員でいる限り自分の望む生き方はできないと気付いた。なので、より多くの個人に価値を届けられ、ささやかな収益も生み出せる方法を探した結果、ブログと出会いました。

1人1人に僕の体験を説いて回るのは物理的、時間的にも不可能です。でも、ブログ記事として残しておけば、いつでも・誰でも役に立ててもらうことができるし、僕の時間は最初に記事を書くぶんしかかからない。さらに、記事たちが誰かの役に立ち続ける限り継続的に広告収入も得ることができるのです。

ただ、ブログを専業として生きていくつもりはありません。

『薬剤師で短時間勤務 + 資産からの配当収入 + ブログからの広告収入』というように、収入源を複数持つことで、「自分の理想的な生き方を実現させたい。」

そんな期待を胸にブログ運営を開始しました。

最後に

このページでは、僕自身のことについて紹介しました。

もし少しでも、興味を持って下さったのなら、気になった記事を1つでも見ていってもらえると嬉しいです!