節約

【今すぐ解約】がん保険はいらない!│不要な理由を現役薬剤師が解説

Q:2人に1人は「がん」になるなら、がん保険は必要?

A:ほとんどの人にとって、不要です。

はじめに、簡単に自己紹介。

僕は

  • 現役の医療職(薬剤師)
  • 簿記3級FP3級を取得済み
    (↑リンクから各記事の一覧に飛べます。)

と、わりと「医療・保険・家計」に詳しいです。

なので、今回のがん保険の話も参考になるかと。

どうしてがん保険が不要か、その理由は

  • 「2人に1人もがんになる」なら、がん保険は成立しない
  • がんに「若くしてなる確率」は、めちゃくちゃ低い
  • がんにかかる「費用」は、貯金でカバーできる
  • 「がん保険」と「がんの経過」は、無関係

このあたり。

「がん保険は必要だよね?」と感じるのは、保険会社の巧みなマーケティングの賜物です。

ふうま
ふうま
この記事で、誤解を解いていって下さいね。

がん保険に限らず、固定費は敵。

コスパ最強の節約は、固定費を極限まで下げること│変動費は無視でOK固定費だけ節約すれば、変動費は無視してOK。いつもの生活を変えずに、月5万円の節約が可能。簡単に、楽して節約したい人は必見です。固定費の管理がガバガバだと、貧乏一直線なのでご注意を!...

「2人に1人はがんになる」のウソ・ホント

「2人に1人はがんになる時代」だから、がん保険に入っておかないと!

この考えには、多くの誤解があります。

2人に1人と聞いて「確率50%か…」と連想しませんでしたか?

ふうま
ふうま
残念ながら、保険会社にミスリードされてます。
  • 「50%でがんになる」なら、がん保険に入っちゃダメ!?
  • がんに「若くしてなる確率」は、めちゃくちゃ低い

「50%でがんになる」なら、がん保険に入っちゃダメ!?

2人に1人もがんになる(つまり、がん保険で得する)なら、がん保険は仕組みとして成り立ちません。

そもそも保険は、万が一に備えて

  • 多くの人からお金を集めて
  • 少ない不運な人にお金を渡す

という仕組みです。

でも、高確率なトラブルへの保険だと不運な人が多くなり、仕組みとして成り立ちません。

☆高確率なトラブルには、保険ではなく「貯金」で備えましょう。

※実際は「若くしてがんになる確率」は低い(数値は後述します)ので、保険会社はぼろ儲けしてます。

がんに「若くしてなる確率」は、めちゃくちゃ低い

確かに、「2人に1人はがんになる」は真実です。

でも、それは生涯を通しての話なので、「60代までにがんになる確率」は著しく低いのも事実。

上のグラフは「年齢ごとの、がんになっている割合」を表しています。

男性のピーク時(80-90代)でも4%ほど。
若いとき(20~40歳)はほぼ0%ですね。

※20~40歳の人が「今後10年でがんになる確率」は0~0.5%未満です。

ここまで知ると、「2人に1人はがんになる」への見方が変わったのではないでしょうか。

このように、保険会社はイメージ戦略(人の不安をあおること)がめちゃくちゃ上手なんです。

ふうま
ふうま
数字は嘘をつかないが、「嘘つき(保険会社)は数字を使う」の典型ですね^^

 

ところで、万が一がんになったらお金はどのくらいかかるのでしょうか?
たとえ確率が低くても、気になりますよね。

次から、がんになった時のお金の不安を解消していきましょう。

Ad

がんになった時のお金の不安

結論、

  • 治療費
  • その他の出費

ともに、意外とお金はかかりません。

ふうま
ふうま
貯金100万円ほどあればOK

がんの治療費は、意外とかからない

がんの治療費は「高額療養費制度」のおかげで、3人に2人は50~100万円の自己負担で済みます。

自己負担が50~100万円」というのがミソで、実際の医療費はもっと高額です。

一時的な支払いは多いけど、高額療養費制度で還付されて、50~100万円に落ち着くイメージ。

保険会社は、「高額な医療費」にフォーカスして、高額療養費制度の説明をしないので注意しましょう。

この程度の金銭的リスクなら、貯金で備えればOKですよね。

治療費以外のお金も、意外とかからない

とはいえ、治療費以外のお金も心配ですよね。

たとえば、以下のような出費。

  • 差額ベット代(病院の個室代)
  • 入院中の食事代・消耗品費

確かに、これらは高額療養費制度の対象外なので、すべて自腹ですが

  • 「差額ベット代」:特別大きな出費じゃない(1日5,000円ほど)
  • 「食事代・消耗品費」:普段の生活でも必要な支出

なので、治療費と比べて大きな損失ではありません。

ふうま
ふうま
つまり、備えは貯金でOKってこと。

実は、差額ベット代は「自ら個室を希望」してないなら支払わなくてOKです。

《差額ベッド代の支払い条件》

  • 快適な入院生活のために、自ら個室を希望
  • 病院から差額ベット代の設備・料金の説明を受け、同意書にサインした。
    ※同意書に「料金」の記載がなければ無効

つまり、

  • 治療上必要な場合
  • 病院側の都合

など、同意がなければ払わなくてOKなんです。

※参考:ベッド料の差額について│群馬県前橋市

以上のように、がんに備えてがん保険に入る金銭的なメリットはありません。

ふうま
ふうま
保険料を払うくらいなら、その金額を貯金しておけばOK

補足:保険で「得したい」はNG!→リスクヘッジのコストです

俺はがん保険に入ってて得したぜ!

って話を、一度は聞いたことがあるかもですね。

でも、保険は損得から入るものではありません。
「めったに起きないけど、起きたら人生終了」なリスクを防ぐのが保険です。

なので、「得するために保険に入る」という発想は完全NG

あくまで保険料は、リスクヘッジのコストとして扱いましょう。

ふうま
ふうま
なので、「掛け捨て」の保険こそ至高です。

Ad

がん保険と治療についての誤解

がん保険に抱きがちな2つの誤解を、ズバッと解消します。

  • 「がん保険に入ってるか」と「がんの治癒」は無関係
  • 先進医療が必要なケースはごく稀

「がん保険に入ってるか」と「がんの治癒」は無関係

がん保険は、がんになったり入院・手術をしたら「お金がでるだけ」です。

つまり、「がん保険に入ってるか」と「がんの治癒」は無関係ってこと。
(改めて考えると、当たり前ですよね。)

ふうま
ふうま
がん保険で治癒率が上がるなら、僕も迷わず加入してます 笑

がん保険のCMは

  1. がんになったけど
  2. がん保険に入っていて
  3. 助かった(めでたしめでたし)

こんなストーリーがありがちですが、イメージ戦略に騙されてはいけません。

②と③に繋がりはないので、誤解なきようご注意を。

先進医療が必要なケースはごく稀

陽子線治療・重粒子線治療が、がんによく使われる先進医療です。
費用は300万円くらいかかるけど、行われてるのは年5,000件のみ。

がん患者は約300万人なので、単純計算で対象になるのは0.17%ほどなんですね。

これをどう感じるかは個人の価値観ですが、僕は非常にレアケースだと思います。

《先進医療へのよくある誤解》

先進医療は「最先端の画期的な医療」…ではありません!

「保険適用にするか検討中の、効果があるか分からない医療」のことです。
(効果があると認められた先進医療は、順番に保険適用になります。)

決して「お金持ち専用の病気が治る可能性が高い最新技術」…とかじゃ無いのでご注意を^^

これらを考えると、先進医療は心配しなくてOKかなと。

先進医療特約は「特約」なので、がん保険の本体に加入しないといけないのも大きなデメリット。

※特約単体の保険もありますが、保険料がかなり割高なので×

がん保険の先進医療特約は、

  • 先進医療とは何か
  • がん患者で必要になる確率はどのくらいか
  • そのとき、いくら必要なのか

これらの知識があって、「それでも必要だ!」と判断して加入するものです。

「なんとなく不安だから入ろう」と思っていた人にとって、無用の長物ですね^^

まとめ:がん保険は不要です!

100万円貯金があるなら、がん保険は不要です。

「自分の年齢でがんになる確率がめちゃくちゃ低い」と知っても、がんに怖いイメージがあるのは「命の危険」を感じるから。

でも、がん保険は「がんになったらお金がもらえるだけ」だし、治癒とも無関係でしたよね。

なので、がん保険について考える時は、いったん感情を抜きにして、冷静に数字(つまりお金)で計算してみましょう。

そのうえで、コスパが悪いと分かってるけど、どうしても気持ち的に入りたいなら、がん保険に加入するのもアリだと思います。

ふうま
ふうま
僕は計算した結果、医療保険はゼロです。
【今すぐ解約】医療保険はいらない!│不要な理由を現役薬剤師が解説「病気・ケガ」に対して医療保険は不要。日本の公的保険は世界最強なので、貯金100万円あればOK。保険はちょっと知らないだけで大損します。この記事を読むだけで、数百万円ほど得すると保証します。...

以上、参考になれば幸いです。

もしこの記事が役に立ったなら、他の保険の記事も見て行って下さいね

>>保険の記事一覧はこちら

\Twitterフォローお願いします/

ふうまログでは『やりたいことだけやって、自由に生きる。』ための方法を発信中。
これからもタメになる情報を届けていきます。

この記事が「役に立った」と感じてもらえたなら、ぜひともTwitterフォローお願いします!
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA